ディーラーに改造車と判断されてしまうと車下取が不可になることが多いので、価格の問題では済まなくなります。

'価格だけの問題ではなくなる改造車の車下取

'価格だけの問題ではなくなる改造車の車下取

価格だけの問題ではなくなる改造車の車下取

マイカーを自分流にアレンジする、ということは車好きのひとなら、自然に行っているかもしれません。ただし注意したいのは車下取に出すというときです。ディーラーに下取してもらうためには、メーカーオプションすなわち純正品が必要です。もしも改造車として判断されてしまいますと、下取不可とされてしまうことも少なくないのです。ちなみに下取ではなく買取の場合にも影響がります。買取の場合は査定に響くのです。メーカーオプションすなわち純正品があれば査定結果も高くなります。どのように改造したとしても、メーカーオプションすなわち純正品を手元に保管してあれば話は別になります。たとえばバンパーが好例だと思うのですが、バンパーを自分好みの製品に交換していたとします。もちろんメーカーオプションではなく社外品に、ということです。しかしメーカーオプションのバンパーを手元に保管しておけば問題ありません。つまりマイカーを自分流にアレンジしていたとしても、下取に出すときに、メーカーオプションに戻せれば良いということです。改造車として判断されてしまうと、価格が高いか安いかの問題以前に、下取してもらえなくなる可能性が強まりますので、どんなんに保管場所に困ると思っても、メーカーオプションは大切にしておくことをオススメします。
車下取に出すときのマイカーの状態として理想的なポイントを紹介します。まず、メーカーオプションすなわち純正品である、ということです。次に、改造車でないことです。改造車として判断されてしまうと、基本的に下取不可だと思っていて良いと思います。もちろん例外は、あります。しかし下取と買取では意味するところに違いが存在するように、純正品か社外品かという違いも大きいのです。もちろん、下取の場合ほど基準が厳しくない買取の場合でも、社外品がなければ、それにこしたことは、ありません。自己責任で改造車にしたとしても、下取に出すときにはメーカーオプションに戻しましょう。

話題の車下取は、きちんと整理されているこのサイトを一度覗いて下さい♪